アジサイ1

アジサイの季節になりました。まずは、ご近所のアジサイから見ていきましょう。群植されている場所はありません。

DSCF2606.jpg

DSCF2645.jpg

DSCF2646.jpg

DSCF2647.jpg

DSCF2648.jpg

DSCF2649.jpg

DSCF2650.jpg

DSCF2651.jpg

DSCF2653.jpg
アジサイと行っても、物凄い沢山の品種があるみたいですね。西洋アジサイは今一だと思っています。

人間の証明

詩も素敵、メロディーも素敵、映画も素敵、本も素敵。ストローハットが舞うシーンが忘れられません。


人間の証明
西条八十の「帽子」という詩が元になっているそうです。

Mama,Do you remember the old straw hat you gave to me
I lost the hat long ago flew to the foggy canyon
Yeah Mama,I wonder what happened to that old straw hat
Falling down the mountain side out of my reach like your heart

※Suddenly the wind came up
Stealing my hat from me yeah
Swirling whirling gusts of wind
Blowing it higher away

※※Mama,that old straw hat was the only one I really loved
But we lost it,no one could bring it back like the life you gave me

※Repeat
※※Repeat
Like the life you gave me

元になっている詩は

母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね? 
ええ、夏、碓氷から霧積へゆくみちで、 
谷底へ落としたあの麦わら帽子ですよ。

母さん、あれは好きな帽子でしたよ、
僕はあのときずいぶんくやしかった、
だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。

母さん、あのとき、向こうから若い薬売りが来ましたっけね、
紺の脚絆に手甲をした。
そして拾はうとして、ずいぶん骨折ってくれましたっけね。
けれど、とうとう駄目だった、
なにしろ深い谷で、それに草が
背たけぐらい伸びていたんですもの。

母さん、ほんとにあの帽子どうなったでせう?
そのとき傍らに咲いていた車百合の花は
もうとうに枯れちゃったでせうね、そして、
秋には、灰色の霧があの丘をこめ、
あの帽子の下で毎晩きりぎりすが啼いたかも知れませんよ。

母さん、そして、きっと今頃は、今夜あたりは、
あの谷間に、静かに雪がつもっているでせう、
昔、つやつや光った、あの伊太利麦の帽子と、
その裏に僕が書いた
Y.S という頭文字を
埋めるように、静かに、寂しく。


孔雀サボテン

うちの孔雀サボテンる開花まで、秒読み段階になりました。あっちっちでもう咲いているのに、家のは遅いな。

これが、孔雀サボテン。うちのではありません。
DSCF2655.jpg

ここから下が、うちのサボテン。もうちょっとでしょう。つぼみは、一鉢7つついているものもありますよ。
DSCF2611.jpg

DSCF2610.jpg
いいでしょう。

トランペット

ほんのちっぽけな、青虫が、大事な、大切にしている、トランペットの葉っぱを食い散らした。昨日まで何でもなかったのに、悔しくてしょうがない。焼き殺してやりました。

ひどいでしょう。ショックですよ。
DSCF2616.jpg

犯人はこいつ。
DSCF2615.jpg
トランペットは。夏前、秋と何回が咲き、甘い香りが漂うのです。家のは少しピンクが入っています。ベースは白。

過去最高

月間のブログ記事が過去最高を更新。だから、なんなんだ?まあ、頑張っていることだけは、間違いない。何にも得るものなどないけど、少しは、世間の役に立っているのかな?そうであればよいのだけど。

廃家

多いですね。近所でも。新興住宅ではありえないこと。古い住宅街に住んでいますので、目立ちます。気味悪いです。

でも、知っていました?壊して平地にすると、税金が上がるのですよ。だから、皆、そのままにほっぽらかしているんだと思います。

ですから、行政の改革は必要でしょう。ひとつ、ふたつと増えていったら、長い、スパンで見ると、廃墟どころか、町に人がいなくなりますよ。そう思いません?


DSCF2468.jpg

壊すにも、相当な金がかかりますからね。
DSCF2494.jpg
近所の人はいやでしょうね。私だったら、引越しちゃうかも。でも、皆、色々な都合で引越せないのでしょう。

散歩途中の花

早起きしすぎてしまい、なんとなく、ブログかいています。

これ、蛍ぶくろですよね。
DSCF2487.jpg

いい、色してますね。
DSCF2488.jpg

気に入ったから、沢山撮っちゃった。
DSCF2489.jpg

道端に咲いているんですよね。
DSCF2491.jpg

小粒だけど、いい色してる。
DSCF2492.jpg

ちょっとした花壇でした。私有地ではありません。近所の花好きな人がやっているのでしょう。
DSCF2495.jpg

一種類ではありません。
DSCF2496.jpg

鮮やかです。
DSCF2497.jpg

DSCF2499.jpg

同種(ちょっと改良してあるみたい)でも、沢山の色違いがありますね。
DSCF2500.jpg

DSCF2502.jpg

物凄くでかい花です。
DSCF2503.jpg

でかい花はこの木に咲いていました。
DSCF2504.jpg
それでは。

雷神社3

シリーズ3作目。今日で終り。

灯篭と狛犬。左右にあります。
DSCF2243_20150531053052df8.jpg

DSCF2244_20150531053145457.jpg

比較的に新しい物でした。
DSCF2245_20150531053740bc7.jpg

DSCF2246.jpg

本殿前の賽銭箱。普通ここだよね。絵馬もあります。
DSCF2247.jpg

一遍に5人が参拝できます。取り付け方がめちゃくちゃ。
DSCF2248.jpg

本殿左脇に、お狐様が祀ってありました。
DSCF2249.jpg

DSCF2250.jpg

DSCF2251.jpg

沢山祀られてます。
DSCF2252.jpg

あるところにはあるんですね。
DSCF2253.jpg

あれ?良く見るとニャンコもいます。
DSCF2254.jpg

雑。
DSCF2255.jpg

榊が枯れちゃってますよ。
DSCF2256.jpg

DSCF2257.jpg

本殿奥にあったもの。立ち入り出来ません。なんでしょう?ニャンコだけ祀られてます。
DSCF2259.jpg

本殿脇のベンチ。
DSCF2260.jpg

鈴。これだけは、年期はいってました。
DSCF2261.jpg

一見、鈴はメチャクチャに縛られているみたいでした。
DSCF2264.jpg

んの呼吸ですね。
DSCF2267.jpg

あの呼吸です。顔面にひびが入っています。
DSCF2268.jpg

おみくじもあります。
DSCF2271.jpg

ここから先は、神社の土地だよ、だって。
DSCF2275.jpg
神聖なところであるけれど、ここは、少し、だらしない感じがしました。地元の瀬戸神社と比べると、なんか、品格が落ちますね。管理次第。住職の性格次第で神社もこうなるんですね。それにしても、ニヤンコが祀られている神社は始めてみました。どう、感じましたか?

遺言(柳ジョージ)

彼の歌の中で、私が一番好きな歌です。私も、暗い墓場には入りたくない。

いったい彼はどこで、眠っているのであろう。彼の意に反して、暗い土のなかにいるなら、線香の一本でもたてに行きたい。どなたか、知っている方、いませんか?知っていたら、是非教えて下さい。

ショーケンをぶっ飛ばすやつはジョーさんぐらいしかいないもんね。酒ばかりのんで、しょうがないやつだったけど、度胸はありましたね。彼は。もう一度、生でブルース聴きたい。でも、聞けないのが現実なんだね。



遺言

歌手 柳ジョージ&レイニーウッド

俺がいつか死んだら
亡骸を小さな舟に乗せて
生まれたこの町の港から沖に流してくれ

BAY BRIDGEの上から
流れ星が見えたら CALL ME AGAIN
俺の名前思い切り 叫んでくれよ 大声で

I WAS BORN IN A BLIND ALLEY
裏道歩いた俺の
たったひとつの夢さ
暗い土の中に 埋めないでくれ

I WAS BORN IN A BLIND ALLEY
裏道歩いた俺の
たったひとつの夢さ
暗い土の中に 埋めないでくれ

BAY BRIDGEの 上から
流れ星が見えたら CALL ME AGAIN
俺の名前思い切り 叫んでくれよ 大声で

I WAS BORN IN A BLIND ALLEY
裏道歩いた俺の
たったひとつの夢さ
暗い土の中に 埋めないでくれ

I WAS BORN IN A BLIND ALLEY
裏道歩いた俺の
たったひとつの夢さ
暗い土の中に 埋めないでくれ

風の凪いだ夜に
街の小さな空を雲が
流れたら俺の為に歌ってくれ
VAGABOND LULLABY

I WAS BORN IN A BLIND ALLEY
裏道歩いた俺の
たったひとつの夢さ
暗い土の中に 埋めないでくれ

I WAS BORN IN A BLIND ALLEY
裏道歩いた俺の
たったひとつの夢さ
暗い土の中に 埋めないでくれ

I WAS BORN IN A BLIND ALLEY
裏道歩いた俺の
たったひとつの夢さ
暗い土の中に 埋めないでくれ

散歩途中の花

こういう花の記事が、このブログのメインなんですよね。散歩中にバシバシ撮るから、うちの花がなかなか紹介できない。何てこった。

あと数日で、素晴らしい孔雀サボテンをお見せできると思います。お楽しみに。今年は、花芽が物凄く沢山ついているのて、一遍に咲いたら、そりゃー、凄い事になるんじゃないかと思っています。


いきなり、切り株です。一休み用のベンチ代わりになります。
DSCF2457.jpg

綺麗に撮れているでしょう。でも、名前がわかりません。
DSCF2464_20150530182709e28.jpg

綺麗なバラ。色もいい。
DSCF2465.jpg

クレマチスかな?ちょっと自信ありません。
DSCF2466.jpg

原っぱの雑草ですよ。綺麗でしょう。
DSCF2470.jpg

同じ原っぱにあった雑草。結構いかすでしょう。猫じゃらしみたい。
DSCF2471.jpg

アップしましたが、ピントずれてしまいました。雰囲気は読めるでしょう。
DSCF2473.jpg

色が渋いですね。
DSCF2477.jpg

ピンクの花はいいですね。
DSCF2480.jpg

多分、ガザニアでしょう。この花はいろんな色があるんですよ。
DSCF2482.jpg

ホテイアオイっていうの?自信ないす。
DSCF2483.jpg

DSCF2485.jpg
今日はこれにて。明日は、ピンク色の蛍ぶくろ載せちゃいますよ。普通白色だよね。初めて、こんな色の蛍ぶくろ見ちゃいました。

雷神社2

シリーズ2回目の雷神社です。

階段の手前にあります。順番は大丈夫ですか。私もうろ覚えですが、まず左手清め、次に右手清め、その次に口を清め、最後に柄杓を清める。間違いないと思いますが・・・。
DSCF2231_20150530175246a08.jpg

龍ですね。これは良く見るパターンです。
DSCF2232.jpg

本殿に上がる階段の左脇にあります。
DSCF2234_20150530175513dc2.jpg

どなたを慰めているのでしょうか?
DSCF2235_20150530175624ac6.jpg

千羽鶴が目立ちます。
DSCF2236.jpg

ご神木ですかね。チャリは私のです。
DSCF2237.jpg

さて、本殿に突入しましょう。
DSCF2238.jpg

なんと、階段の1段目手前に賽銭箱が。唖然。
DSCF2240.jpg

結構急。長くはありません。
DSCF2239.jpg

階段の柱には寄贈した個人、会社名が刻まれています。全てに彫られています。
DSCF2241.jpg

うそじゃないでしょう?ここで、本殿の敷地に入りました。階段の天辺です。
DSCF2266.jpg

はい、これが本殿です。今日の2回目で終らせようと思っていましたが、意外と、沢山写真撮っていたので、3回シリーズに変更とし、明日また、書きます。そして写真載せます。約束守れなくて済みません。
DSCF2242.jpg

変化あり

昨日、ブログ名を変えました。「ブタワンコと散歩」という名前から中身が何にも想像できないと思っていましたが、やはり、原因の一つはそこにあったようです。いかんせん、超がつくくらい適当につけた名前でしたからね。

それが、内容がお花中心なので、「お花大好き&プラス」という、ああ、中身はお花のことが記事になっているのだなという、すぐに、連想できて、その他に、いろいろな、記事が書かれているのだなとわかる、名前にしたら、いきなりPVは倍。驚きました。お花大好き人間は沢山いたのです。

やっぱり、どんなもんでも、頭使って考えないといけませんね。まだまだ、考える余地が沢山あるブログですから。ついでに、テンプレートも変え、もっと写真が大きく載せられるものに換え、見易さと迫力を追求できるようにしました。

これから、勉強して、まだまだ、改良していき、ライティングの腕も磨くように努力していきたいと、おじさんは思う次第です。

雷神社1

横須賀といっても隣町なんですが、雷神社という、勇ましい名前の神社があります。ちょっと、紹介しておきましょう。といっても、いつも、車で前をとおっているのですが、行ったことがなかったのです。

イメージとしては、鎌倉八幡をおもっていたのですが、たいしたことなかったです。ちと、がっくりですね。2回に分けて紹介しましょう。


まずはノボリから。
DSCF2280.jpg

いろいろ、ご利益があるみたいです。
DSCF2279.jpg

DSCF2278.jpg

鳥居。
DSCF2274.jpg

かっこいい名前ですね。
DSCF2272.jpg

この赤い鳥居から階段を登ります。
DSCF2273.jpg

社務所。
DSCF2228.jpg

DSCF2227.jpg
ここまでにします。

おとぼけわんこ

だらけワンコ。年だからしょうがないか。

DSCF2553.jpg

なんか、文句あっかって顔してる。
DSCF2558.jpg

DSCF2560.jpg

DSCF2580.jpg
かわいいんだよなー。

郷ひろみチケット

きました、きました。郷ひろみ先生のチケットが。当日が楽しみ。大いに楽しみ。来場する人たちを見ているのも好き。

郷先生は、皆に愛されているんだもん。先生は、心が熱い、礼儀正しい、ファンをとても大事にする人。とても素晴らしい人。人間が出来ているよ。今度、騙されたと思って、見に行ってみたら?感激するよ。


DSCF2581.jpg

DSCF2584.jpg
柳ジョージのコンサートしか行っていなかった私が、その後、すぐに郷ひろみのコンサートだけしか行かないのは、理由があるんです。それは、素晴らしいから。