早まるな!

ここは、マンションの9階。叔父さん、「早まるな」。ちゃうか。覗いているだけやねん。



IMG_5559_20170131165654de4.jpg
追記して、「ブラックジョーク」にしようかと思いましたが、人格を疑われそうなので止めときました。

今日の仕事

網戸の網はずし。これと枠の洗浄をしておけば、張替えが楽。今日は1F部分。

いかん、千枚通し忘れた。網押さえゴムをどうやって剥がしたらいいんだ。「そうだ、京都に行こう」。関係ないか。自分で作っちまえ。



これを。
P1070509.jpg

こうした。
P1070514.jpg

千枚通しの代用品を作る。そこらへんに落ちている長めの螺子と板きれと研磨用サンダー。
P1070516.jpg

こうする。
P1070520.jpg

こうやる。
P1070528.jpg

こうなる。
P1070533.jpg

はい、おしまい。なぜかダンがいる。
P1070515.jpg

張替え時は、網押さえゴムの太さが違うので、どこに何がついていたかをメモっておくといいですよ。
P1070569.jpg

裏の小窓の網も全てはずしました。
P1070536.jpg

P1070541.jpg

後始末

庭に勝手に、アジサイを植えられた。借家を出る時に入院、精神的にまいっていなかったら、徹底的に後始末させたんだけど。

今となってはもう遅い。自分で後始末。本当に、手入れができないのだったら、庭には木は植えないほうがいいと私は思います。あくまでも、私的意見です。

ホウキ状に伸ばし放題で、魅力が出る木もあります。最終的には、音楽と同じ。好みの問題なんでしょう。





電柱の所と真ん中あたりですね。ここに植えられると垣根の整理と垣根の向こう側の整理がしにくいのです。伐根します。
P1070552.jpg

結構デカイ株になってます。
P1070553.jpg

こっちはそれほどでもない。
P1070554.jpg

竹も絡んでいますので。とても手ごわいです。
P1070555.jpg

今日はここまで。道具は勿論「バール」。手で揺らすと、少しだけぐらつく程度。
P1070557.jpg

太い根は人指し指ぐらいの太さ。地道に一本一本切っていくしかない。
P1070558.jpg
アジサイの根は、横に広がって伸びる性質がありますので、その根っこを全部切断すればOK。「直根」ではないので、そう深堀はしないで済むと思います。

そのまんま東

昨日の晩から一夜「床干し」。カラスには、やられていなかった。もともと、カラスは大根は食わないか?




「そのまんま南」でした。昨日の失敗の原因は。3本いっぺんに乾そう(干そう。どっちだ?水分をとるのだから乾そうですよね?)としたこと。

私は猿ではないけど反省はします。

P1070505.jpg

真ん中が少しヤバイか?まあいいや。
P1070506.jpg

でも気になる。
P1070507.jpg

シャーネー、直すか。
P1070508.jpg
意地でも丸干しにする。

粗大ごみ

吊戸棚1200×500×350=@¥500×4。ガス台750×600×600=@¥500。調理台750×600×600=@¥1000。

洗面ユニット750×580×780=@¥1000。畳1800×900=@¥1000×16。流し台1800×600×800=@¥1000。

照明器具=@¥200×6。ガスコンロ=@¥500×1。物干し台(金属+基礎のコンクリ)=@¥1000×3(金属のみ×1=@¥200)。

これが粗大ごみとしての料金。結構かかるが、産廃だとこの約3倍+運び賃(山のてっぺんから降ろす人工代)この粗大ごみの総額の5倍か?

皆さんだったらどういうアクションおこします?





P1070441.jpg

P1070442.jpg

吊り戸棚4個分とガス台、調理台各1台分の総量。
P1070454.jpg

これガス台。ステンレスは別置き。
P1070453.jpg
私は、とりあえず、こんな風にして出します。もう、切り刻むのはやめます。

畳が一番の問題です。重いし、軽では積めないかも。友達に、バンかトラック借りるしかないな。

重し

生ごみの時の、ネット押さえ。これでカラスの悪戯がなくなった。向こう三軒右側の○○さんのアイデアです。

我が街の我が班は、団結力が強い。関係ないか。乱反射でボヤを出すことはありえない。ペットボトルに水は入れないほうがいい。

条件は陽当たりのいいところ。影の場所なら置いていい。ペットボトル使うなら、「砂」を入れなさい。




P1070499.jpg

P1070502.jpg

P1070501.jpg

P1070501.jpg

ウーン。出来るなら、取っ手のポリかナイロン紐の端を「火」で炙り、ほぐれないようにしたら、100点満点だったのに。残念。
P1070498.jpg

ついでにこっそりと、山の家の廃材も。
P1070503.jpg

後2回程度で、食器棚と下駄箱の廃材は全て処分。1か月かかった。
P1070497.jpg

春二番

昨日の風は強かった。「南風」。「春二番」。そんな言葉ないか。




P1070504.jpg
背高ノッポは「風」に弱い。でも「風邪」はひかない。私は、詩人になれるかも?そんなわきゃない。

優しい、上から目線

「上から目線」「下から目線」今迄に、嫌というほど味わった。若い頃は血を見た。大人になってからは我慢した。

そしてストレスがたまった。そして会社を辞めた。思い出すと腹が立つ。だから私はそんなことをしない人間になった。




IMG_5175_20170131061036930.jpg

IMG_5174_20170131061109956.jpg
こんな、「上から目線」なら許せる。イヤ、「上から目線」ではない。「見守る目線」だ。こんな、目線で、爺さんと婆さんに私は育てられた。感謝である。

さあ、ラジオ体操と、早朝散歩に行ってきます。でわ。今日も一日、お元気で。また、夕方お会いしましょう。

置物

このシリーズもひっさびさ。




とある、我が街のお家の小さな庭での出来事。
IMG_5353_20170131060152211.jpg

IMG_5354_20170131060215f5a.jpg

IMG_5355_20170131060236435.jpg

IMG_5356_20170131060257cc5.jpg

「お前、ワシをなめとんのか?」
IMG_5357_20170131060317055.jpg

マニュアル対オート

チョットだけ勉強してみた。訪問者さんの写真データを参考にした。違う。全く違う。

そんなことに一眼買って2年後に気がついた。





「マニュアル」
IMG_5362_20170131055523afa.jpg

「オート」
IMG_5373_20170131055617839.jpg

「マニュアル」
IMG_5368_20170131055641984.jpg

「オート」
IMG_5369.jpg
「ハハーン」

ペットボトル木

我が街には「缶がなる木」の他に、「ペットボトルが咲く木」もあります。



IMG_5332_20170131054437107.jpg

IMG_5331_2017013105445715d.jpg
横浜って凄い所でしょう?

大失敗

干し大根が作りたくて、食べたくて、体に鞭うって買い物に行った。



買い物には、マイバッグを必ず持って行く。なぜ?袋代2円とられるからさ。

毎日買い物に行って、2袋分買ったら、365日×2袋×2円で1460円。牛丼が何杯食える?

10年で、1460円×10年=14600円だぜ。牛丼が何十杯食える?

P1070458.jpg

安くなりました。
P1070460.jpg

一応たわしで洗います。
P1070461.jpg

葉っぱも食います。
P1070462.jpg

吊るす準備が整いました。
P1070481.jpg

吊るし作業に失敗しました。落下しました。頭に来ました。そのままにして酒を飲みました、今もベランダでこの状態で彼は横たわってます。
P1070483.jpg

散歩途中の花

明日から「如月」響きがいい。私は、旧暦の呼び名が好き。神がかった呼び方だ。しつこいか。




IMG_5346_201701310512333e2.jpg

IMG_5347_2017013105130613b.jpg

IMG_5348_201701310513403a1.jpg

IMG_5360.jpg

IMG_5433_20170131051453d3f.jpg

IMG_5434_20170131051526f8f.jpg

IMG_5435_20170131051559357.jpg

IMG_5436_201701310516388c3.jpg

IMG_5437_20170131051720f82.jpg

IMG_5364_20170131051804aed.jpg

IMG_5365_20170131051836fdf.jpg

後1月も20時間を切った

オー。明日から「如月」だ。睦月、如月、弥生、卯月・・・・・師走。暗記させられましたよねー。忘れてません。覚えています。「如月」まで20時間を割っている。



P1070496.jpg
今日は、廃棄物の運び出し。坂を何回往復するかだ。多分3~4回でくたばるだろう。そのあとは。網戸の編み外しでもやるか。

張替えの準備や。材料はまだ購入していない。

棟梁の仕事

奴は、手抜きはしない。床張り。全て、マッ平にする。凸凹があると、すぐいかれる。凹凸をカンナで削る。たいしたもんだ。

俺も大工になればよかったなと、思った瞬間である。こういう、友達を持った、私はとっても幸せであります。棟梁は、1月下旬に、恩師の実家のリフォームを頼まれているらしいが、あと一週間は無理。

今日恩師に「ざま―みろ」とメール入れる。多分。「70の婆恩師が、senri32」ふざけんな。というメールがかえってくるでしょう。

冗談が聞く、45年前の私達です。羨ましいでしょう。皆さんは、中学の担任の先生と、今だにおつきあいしていますか?それほど、素晴らしい先生だったんです。




P1070425.jpg

P1070443.jpg
とても、いい床材を使っていると、棟梁に褒められました。