これで最後にしてくれ!

柿の木を伐採したのは、この土手が根に押されて、崩壊するのを少しでも遅くするためでした。でも、ここの擁壁工事は、至急を要します。

もしも崩壊したら、多分下の家が潰れます。そうなったら、私は多分監獄行き。たかが数十万のために私は、自分の一生を台無しにはしたくない。

あなたならどうします?直しますか?ほっぽっておきますか?







ここの崖の上に柿の木の大木がありました。その時の伐採時に、上に乗っただけで大谷石はくずれました。幸いにもけが人はでませんでしたが・・・・。
P1130483.jpg

絶対にヤバイですよね。梅雨が来る前に工事しないと。植木屋の大将経由で、大将の知人の土木屋さんに工事をお願いしていたんです。
P1130482.jpg

なんと、ムチャクチャ忙しくて、その土木屋さんは工事が出来ません。

これまた、なんと植木屋の大将は造園工事業の資格と土木工事業の資格も持っていた。そこで、今暇なので、私がやってもいいですか?ときたもんだ。商売上手な大将だ。

P1130498.jpg

私も負けてはいない。コンクリ―トブロックをブレーカーをレンタルして小割りにして、産廃に出そうと思っていましたが、「チャンス」。

大将に持ち掛けた。このコンクリ―トを裏込めで使えないかと。使えれば私の手間も労力も産廃費用も省けるし、大将も砕石を山の下から運び入れる必要がなくなる。

まさに一石二鳥。大将は一つ返事でOKよ。多分、やりたくなくても、私には逆らえなかったのかも知れない。だって私は、ちょい悪爺だも~ん。

P1130485.jpg
めでたし、めでたし。工事は来週初めから始まります。多分大将のこと。この工事、人工をかけて一気に片付けてしまうでしょう。

最後に、これが親父の残した「負」の遺産。とばっちりを受けるのは私だけ。長男は本当につらいどす。
関連記事

コメント

非公開コメント

続きます。

AzTakさん、おはようございます。出費が果てしなく続きます。いやんなっちゃうくらい続きます。今日も畳代金、18万9千円がお昼にすっとびます。現金です。それから関係ありませんけど昨日、横浜港に、飛鳥Ⅱがまた停泊していました。レンガ倉庫に遊びに行ってた友達からメール写真がはいりました。確か10日に出航したばかりですよね。どういったことなんでしょうか?神戸に行ってまた戻ってきたのでしょうか?

No title

放置するわけには行かないことでしょう。モノイリが続きますね。