自分の拳を握って比較してみた。






木になっているコブシの方が指が私の指の数より何本か多かった。こんなことを観察するのは私だけ。
IMG_0288_20170811040832e42.jpg
アイザック・ニュートンの「リンゴの逸話」は、「伝説」らしい。「猿も木から落ちる」は「ことわざ」です。

強いて言えば、何気なく、じっくり観察することが大発見を産むかも知れない。

「ジャン=アンリ・カジミール・ファーブル」の「昆虫記」は、じっくり昆虫を観察した結果のたまものです。

関連記事

コメント

非公開コメント