お施餓鬼

昨日は猛暑の中、餓鬼達を供養してきました。本堂にはエアコンがついておりません。その代わり、扇風機が20機ほど回ってましたが、大汗は止まりません。まるで「我慢大会」です。

ついでに墓参りも。仕事に行く時間ギリギリに起きてしまいましたので、朝はこの一記事だけです。








昨日、姉貴夫婦が線香をあげに来てそれから宴会が始まってしまいました。
IMG_7994_20190818050810dfa.jpg


IMG_7996_2019081805090700c.jpg


IMG_8000_20190818051003efb.jpg


IMG_7997_20190818051127c5f.jpg
盆も暮れも正月も働かなくてはいけないアルバイトを選んでしまいました。チト失敗かな?

アルバイトだって1週間ぐらいは休みたいです。

それでは、行ってきます。今日は最後のシルバーディ。滅茶苦茶お客さんが多い日。

八代妙見宮(拝殿)

年初の九州熊本、鹿児島めぐりは今後も当分続く予定。





1_2019021408500668b.jpg

2_201902140850269fa.jpg

裏手に回って見た。
3_20190214085045db0.jpg

4_20190214085128f52.jpg

浅草の雷門のものよりも小さいけど。結構大きい。
5_201902140851049c5.jpg

当たり前。
6_201902140851512c2.jpg

あくまでも一般の方法。
7_20190214085224fad.jpg

神主さんになった気分。
8_2019021408533323a.jpg

色々あった。
9_20190214085419f32.jpg

10_20190214085816984.jpg

内部。
11_201902140900338d4.jpg

迫力あり。力強く描かれていた。
12_201902140901012ae.jpg

神馬。
13_20190214090200089.jpg

14_2019021409064190f.jpg

15_201902140906590e0.jpg

八代妙見宮の木鼻

とってもど派手な木鼻でした。






横浜中華街の「関帝廟」の赤い牌楼のてっぺんの龍と獣神の飾りは美しいガラス細工なんですよ。
IMG_7419_2019021305492047e.jpg

IMG_7420_2019021305493855c.jpg

IMG_7421_2019021305514702d.jpg

IMG_7422_20190213055206f20.jpg

IMG_7423_20190213055226ede.jpg

IMG_7431_20190213055252f1e.jpg

カラー(色付き)木鼻。まあ、それほど珍しいもんではありませんけどね。
IMG_7433_20190213055308c82.jpg

称名寺

我が街にある、真言律宗別格本山の寺院。浄土式庭園が美しい。






仁王門。赤門は撮り忘れ。
1_20190208052908e93.jpg

浄土庭園側から。
IMG_7401_20190208052959689.jpg

反橋。
2_20190208053035afc.jpg

平橋。
3_20190208053214aa3.jpg

金堂。
4_20190208053236d24.jpg

4 1

7_20190208054046a50.jpg

釈迦堂。
5_20190208053346c2b.jpg

鐘楼(梵鐘)。「称名の晩鐘」として「金沢八景」の一つに数えられる名鐘である。
6_20190208053813fff.jpg

関東でも数少ない浄土式庭園。
IMG_7343_20190208055150859.jpg

IMG_7403_201902080552296e5.jpg
私は安らぎを求めにここにきます。

八代妙見宮その1

それほど大きな規模ではない。が、中身が凄い所です。





1_20190202074853968.jpg

2_20190202074908da3.jpg

3_20190202074925f65.jpg

4_20190202074942a2f.jpg

5_20190202074957882.jpg

6_20190202075017e8a.jpg

7_201902020750368ad.jpg

8_20190202075057158.jpg

9_20190202075116b62.jpg

10_20190202075133250.jpg

11_201902020751495f9.jpg

12_20190202075207a9f.jpg

13_20190202075228d7f.jpg
九州旅行記はまだまだてんで先まで続くと思います。