値上げ、値上げ、値上げ、(一部)

王様の餃子が値上げですって、他の外食産業も値上げしているところが多いみたい。

なんといっても、最高なのは、法隆寺の拝観料が1000円から1500円の1.5倍ですって。今迄、就学旅行の生徒が多く、拝観者もそれなりにあったのですが、とうとう、この少子化で耐えられなくなったらしい。ソリャーすばらしい建造物。国宝、重要文化財のオンパレード。見ないわけにはいかないでしょう。今後、もっと値上げしたら、法隆寺、つぶれるかも知れませんね。

情けない、世の中になりました。そんな中で我々は生きているのですよ。若い人に言っときます。世の中、ジェジェですよ。若いうち、貯められるだけ貯めておきなさい。そうしないと、死ぬまで働くことになりますよ。そうなりたくないでしょうが・・・。

世の中、愛さいあればなんて、考えてると、とんでもない事になっちゃいますよ。


値上げには全然関係ないうちのブタワン。
DSCF0429.jpg

あまりにも、のんきなので、時々、子供達に苛めさせます。
DSCF0448_20150130184209369.jpg

わんこ 僕には関係ないもん

私が、4日間も苦しんでいたのに、ワンコは知らんぷり。相変わらずマイペースなワンコです。寂しいから、二階で寝ている私の布団の上に連れて行くと、すぐに逃げてしまいます。本当に嫌われているんですね。

P1300024.jpg

俺は俺、お前はお前って言うような顔してる。
P1300026.jpg

シンビジウムが全部咲きました。

年末に咲いたシンビから丸々一ヶ月、やっと最後のシンビが開花しました。いつもより遅いです。という事は、例年より、寒かったのかも。花期がとても長い花が大好きで、春だとパンジーだとかビオラ、トレニアなどですね。数十株の中から、色違いのシンビを三鉢残し、あとは処分。その代わり、残した鉢は大事に育ててきました。恐らく数十年前の株、新種もでているでしょう。今度花やに行って、購入してきます。シンビを立派に咲かせる方法をお教えしましょう。鉢は長鉢を使用。株分けは毎年。なるべく早めに。あまり細かく分けない。土はバークか軽石単体。肥料は真夏除く毎月、大量に。(科学肥料はダメ。有機肥料ですよ)夏は木陰に。冬は、12月頃まで、寒さに当てる。

奥から早く咲いた順。ドアを開けると一番に出迎えてくれます
P1300027.jpg

一番最後に咲いたシンビ。黄色
P1300029.jpg

二番目に咲いたシンビ。白。
P1300030.jpg

最初に咲いたシンビ。ピンク。
P1300031.jpg


平潟湾のベンチ

湾沿いに点々と並べてあります。石製です。石は汚れなくていいですね。晴れた日ははぜ釣りをしながら、お弁当を家族で食べてます。のどかさを感じる一面がここにはあります。冬は、夜の寒い時にメバルを釣っている、根性ある人を見かけます。好きなんですね。夏は日影になるところが結構あります。八景の花火大会もここでそこそこの迫力で見ることができま音も腹に結構来る大きさです。

なかなか整備されて綺麗でしょう。
DSCF0621.jpg

DSCF0627.jpg

DSCF0628.jpg

DSCF0629.jpg

ノロウィルス?

腹下し、吐き戻しが始まって、今日で4日目。昨日から、汚い話で失礼ですけど、お尻から、水が出るのが止まりました。いかんせん、丸3日食べ物を口にしていなかったので、昨日は、立ち上がってもフラフラ。重湯を作ってもらい、無理やりかき込もうと思ったのですが、食べられない。動いてもいないし、ずっと寝ていたせいもあるでしょう。4種類の薬を調合していただき、そのうちの「タンナルビン」ホエイという薬が、便をかたくする薬だそうで、少しでも。かたくなったら服用ストップほ命じられてます。昨日、その、兆候があったので、この薬は辞めました。なぜかと言うと、わけがあるのです。数年前、出勤前にトイレに入って、2時間苦闘したことがあるのです。最後の手段でゴム手をはめ、自分でほじくりだし、とても痛い目にあったことがあるからです。今迄。便秘などしたことがなかったので、この、痛さは、地獄でした。勿論仕事休み。5駅離れた有名な肛門科に行って処置していただきましたけど。結局、踏ん張りすぎて、切れ痔になったようです。しばらくは歩くだけで痛みが走り、たいへんだったことを思いだしたからです。どんな、小さな、病気も、すぐ処置すべきですね。今回も、具合か゜悪くなり、帰り際にすぐにお医者に行ったから、4日で動けるようにならなかったかも知れません。今月は、その他、発熱、右ひじの筋を痛めたりで、半分も働いていないです。有給も一ヶ月で半分つかってしまいました。やれやれ。気分転換に、名称金沢八景の平潟湾でもご覧ください。
以下が金沢八景です。昔、小学校で覚えられされました。だから、昔は、言えて当たり前だったんです。歌川広重の絵ですよ。


「洲崎晴嵐(すざきのせいらん)」
「瀬戸秋月(せとのしゅうげつ)」
「小泉夜雨(こずみのやう)」
「乙舳帰帆(おつとものきはん)」
「称名晩鐘(しょうみょうのばんしょう)」
「平潟落雁(ひらがたのらくがん)」
「野島夕照(のじまのせきしょう)」
「内川暮雪(うちかわのぼせつ)」


屋形船です。この付近で、五隻以上あるはずです。残念ながら、私、利用した事ありません。
DSCF0623.jpg

奥に見えるのが、野島です。頂上からは昔、日産のテストコースが丸見えでした。カメラ抱えたスパイが沢山いました。今はわかりません。走っているのは多分全部新車。全車覆面してました。懐かしい。勿論、日産も黙っちゃいない、カードマンを何人か配置して、不審者を詰問してましたよ。だって企業秘密ですもの。
DSCF0624.jpg

ヨットも、クルーザーも、モーターボートも係留。上に走っているのは、新都市交通の線路です。人が運転していない、自動列車なんですよ。それも、ゴムタイヤなんですよ。
DSCF0625.jpg

この写真のずっと左側に京急金沢八景駅があるのですが、今、駅前は一大開発をしいます。あと数年で綺麗になると思います。また、多分、新都市交通も八景駅と繋がるのではないかな。今、駅間は五分ほど歩く時間がかかります。
DSCF0626.jpg

昔に比べると格段に、海水は綺麗になっています。春先は、皆さん気軽にはぜ釣りしますよ。
DSCF0630.jpg

DSCF0631.jpg

金沢八景の一名称、夕照橋です。
DSCF0632.jpg