散歩途中の花

このブログを書くにあたって、注意している事。絶対に守っている事があります。それは、花の記事を絶対1記事入れる事です。

ブログ名にそのように、うたってしまったのだから、当然の事だと思いますが、自分の首を絞めることにもなりかねない、意思なんですよね。今のところ、それを守っている、自分は凄いなと、思い、自信つけて、不安を吹き飛ばさなければいけませんね。

そうすれば、精神安定剤のお世話にもならなくてすむかもしれません。原因は仕事だとわかっているし、あと、もうちょっとで定年だから、絶対、ぶら下がってやる。もう、目の前だからね。

このブログ読んでる人も、何かしら、ストレスは抱えているはず。私よりもっと深刻な人もいると思いますが、一日、一日を辛抱して乗り切るしかないのですよ。そう割り切って生きていきましょう。

私は、嫁さんに、一日数回メールを入れます。帰ってくる言葉は、あともうちょっと、一緒に頑張ろうです。いい嫁だ。ここだから言うけど、私、いままで、頑張ってきました。その結果がこれです。

ですから、もう頑張りません。頑張るという言葉も嫌いです。辛抱という言葉を使っています。 


バラだけど、ピーク、一番綺麗なときは過ぎていたみたい。
DSCF4402.jpg

DSCF4403.jpg

柑橘類もありですよね。
DSCF4404.jpg

正式名が出てこない。七変化です。あ、サンタナか?サンタンカか?いやいや、ランタナでした。サンタナはミュージシャンだろうが。といっても、今の子には、わからないかもね。
DSCF4406.jpg

この花は気に入りました。
DSCF4407.jpg

DSCF4409.jpg

DSCF4410.jpg

この色のグラジョウラスは初めて見ました。
DSCF4412.jpg

動物保護センター(神奈川県)

去年の神奈川県の動物保護センターで、動物の殺処分がゼロになったそうな。いいとこあるね、この神奈川も。家のワンコも私が保護しなかったら、今頃天国かもしれませんでした。だって、数年前だったのですから。

こういう風に、ワンコ、ニャンコを引き取る方が多くなった結果なんでしょう。神奈川県民は、心が、あったかいんだから。いいことだ。ただし、蟻は別です。


DSCF4470.jpg

ワンコがやられた

帰って着たらワンコがつるっぱげ、また、お姉ちゃんにやられちゃいました。体は白、頭は茶色でおもろいです。

DSCF4473.jpg

DSCF4474.jpg
耳と頭はもともと短いから、これ以上枯れないんです。おもろいでしょう。

どうしても、戸建ては、蟻が侵入してきますね。昨日なんか、風呂場に侵入してきて大騒ぎ。前にも。入られて、入り口を探し進入をふせいだのですが、昨日もやられ、夕方でしたけど、外周りを点検したら、進入口を発見。

タップリ、薬をまいて、さらに風呂の侵入口にも、粉の薬をまき進入を防ぎました。今日今帰り、帰り際蟻退治液とスプレーを購入し、今後も、すぐ退治できるようにしておきました。

家には侵入していませんでしたが、ブロックに蟻の行列。最終地点を発見。ムクゲが犯人でした。この木、蟻が好きみたいですね。ここまで、たどってくる蟻全てに、液体をぶっ掛け、ムクゲにもぶっ掛けてやりました。

蟻はもう、許せないので、原因がわかりましたので、あさって、ムクゲをぶった切ることに決めました。と、言う事で、この花(木)は庭に植えないほうが無難だと思います。特に蟻嫌いな人は。

ですから、私は、休みの日はジックリ、家の周りを一周して、こまめに虫、雑草等を観察して、退治しております。参考になれば幸いです。なお、液体は外用。スプレーは室内用です。雑草は前にも紹介しましたが、カセットガストーチ攻撃で焼き殺しています。


意外と、蟻退治の薬はいい価格なんですよ。でも、一遍に4本買ってストックいていた時もありますよ。
DSCF4471.jpg

この。ムクゲが犯人。花は綺麗だけど。すぐ散るし、散ると、すぐ腐って、散らかりますからね。前の住んでいた方が植えた木です。私は、庭には、絶対、木は植えません。今あるものは、全て前の住人が植えたものです。桜の木をぶった切った時は大変でした。そのためにチェーンソー買いましたもの。
DSCF4475.jpg

あと1記事で今月も100記事

今月、この記事で、ジャスト100記事。しかし、よく、自分でも書けるもんだと感心しちゃいます。趣味みたいになったみたい。だから、書けるんですよね。私の場合は書くというより、写真を載せるという、ほうが多い感じになっています。たまには、なんかを語ってみようかな。

もう、ぼやいても、どうにもならないから、政治・経済・歴史なんか語ってみるといいかもしれない。一度、語ってみますよ。個人的な意見が入るので、突っつかれたらやだなと思いますけど、まあ、あたりさわりのない文章にしましょう。