お花大好き&プラス

還暦過ぎた「YOKOHAMA」のチンピラ爺です。そんな私でも、3人の子供達を育てあげ、社会に羽ばたたせることが出来ました。頑張って、頑張って生きて来ました。この先、その頑張ってきた代償として、自分が今迄に「やりたいなー!」と思い続けてきたことをできうる限り経験していきたいと思っています。そんな「YOKOHAMA」のチョイ悪爺の大好きな「お花の写真」と「ライフ」を綴ってみました。

ベンチ83

過去1か月最高の記事数に無理やりした。万歳。記事を沢山書いてもほとんど誰も見てくれない。そんな悲しい親父のブログです。5分待っても、おばさんがどかなかったので、撮っちゃいました。左側がベンチでしたね。方向が180度違いました。ベンチではありません。椅子が並べてあるだけです。ゴールデンウィークでブログどころじゃないんだね。遊びが大優先だ。大いに結構。...

続きを読む

関内駅北口整備事業

関内駅北口スタジアム、馬車道側、海側が新しくなるらしい。工事は始まったばかり。さて、どんな街になるんでしょうか。駅ビル建てちゃえばいいのにね。上の空間がもったいないよ。年代別の関内駅周辺の写真が、味気ない刈囲いに描かれていました。その数は意外と多い。私が保育園児の時の写真だ。横浜市庁舎の屋上から撮った写真が多かった。刈囲いに、こういう写真掲示はやってます。東京オリンピックの年ですよ。東京オリンピッ...

続きを読む

蹲踞と水琴窟

一体なんだろう?つくばい(蹲踞、蹲)とは日本庭園の添景物の一つで露地(茶庭)に設置される。茶室に入る前に、手を清めるために置かれた背の低い手水鉢に役石をおいて趣を加えたもの。手水で手を洗うとき「つくばう(しゃがむ)」ことからその名がある。もともと茶道の習わしで、客人が這いつくばるように身を低くして、手を清めたのが始まりである。茶事を行うための茶室という特別な空間に向かうための結界としても作用する。...

続きを読む

甲羅干し

暖かい春の陽の下で。...

続きを読む

ツツジ剪定

花の命は短し。それでも1週間は楽しませてもらいました。ツツジの場合は花後、すぐに剪定すると、来年もよい花をつけます。ビフォーアフターそのまま、ほっぽりっぱなしは絶対ダメ。木姿もめちゃ悪くなりますし、でかくなると剪定もノコギリなど使って大変な重労働になりますから。...

続きを読む