お花大好き&プラス

還暦過ぎた「YOKOHAMA」のチンピラ爺です。そんな私でも、3人の子供達を育てあげ、社会に羽ばたたせることが出来ました。頑張って、頑張って生きて来ました。この先、その頑張ってきた代償として、自分が今迄に「やりたいなー!」と思い続けてきたことをできうる限り経験していきたいと思っています。そんな「YOKOHAMA」のチョイ悪爺の大好きな「お花の写真」と「ライフ」を綴ってみました。

散歩途中の花3

2階で全く人の気配がない。また寝たか?もう、来年の我が街の「ドント焼き」の回覧が回ってきた。常夏の花とは思えない。...

続きを読む

散歩途中の花2

あと40分で昼の12時ですよ。2階から鼻をチンする音だけが聞こえてくる。いつものこと。あとは枯れるだけ。...

続きを読む

散歩途中の花1

嫁さんは、休みの日には昼前まで寝ています。私は、やることは全て午前中に済ませて午後は少しゆったりしたいタイプ。三渓園に行きたいがまだいけません。結局出発するのは昼過ぎです。私はそれに、40年間耐えてきた。菊ばかり。起きてから、掃除、洗濯、炊事など何もカモ私がやっていてやることないのになぜ出かけるまで1時時間以上かかるんだ?「何やってんだよー」なんて、口にはしないけど、人を待たせることはよくないこと...

続きを読む

春花壇

今はあちらこちらで春花壇。私も参加したいが公園の花壇の管理はほとんど各街の「婦人部」が独占しております。だから爺の私は手も足も出せません。...

続きを読む

かくれんぼう

我が街は常緑樹半分落葉樹半分。隣の日本の中のアメリカは杉がほとんどしいう状態。だから冬は、君たちは「かくれんぼう」が出来ないんだよ。私にとっては好都合。...

続きを読む