胡蝶蘭の居場所と夏場の管理

一旦預けられたものには、以前のそれより綺麗にして倍返しするのが私の性格。



まずは、夏をどう乗り切るかが大問題。構想はだいたい決まってますので、あとは半日陰で風通しのいいところを見つけるだけ。

もうどうするかお分かりですね。植え替えの時期ではありません。
IMG_5801_20190731035949fc1.jpg
スポッ!
IMG_5803_20190731040118ada.jpg

IMG_5805_201907310402263ce.jpg

IMG_5856_20190731042108357.jpg
玄関横の風通しの良い明るい日陰。最高のポジション。
IMG_5857_201907310403445a0.jpg
二重鉢で熱がこもりますので、黒丸印の所に穴を今日仕事から帰ったら開けようと思います。万全です。
IMG_5859_2019073104181042e.jpg
コケは毎日指で湿り気を見て水をやり過ぎないようにします。肥料は少し与えてます。今日液体肥料を買って来ます。

「灰」を撒けば花が咲くとは限りません。あれって「灰」ではなく、「紙吹雪」の方がいいんじゃないかとガキの頃から思ってました。「灰」ってイメージ悪いじゃん。別に作品にケチをつけている訳ではございません。

関連記事

コメント

非公開コメント