お内裏様とお雛様

「灯りをつけましょ♬ ぼんぼりにー♪ お花をあげましょ♫ 桃の花ー♩ 五人囃子に♪ 笛太鼓ー♬ 今日ーおわ♫ 楽しい雛祭りー♪」


27年前に娘が生まれたときに貯金を全てはたいて購入した、貧乏人には持つことさえ許せない高級な雛人形。(嘘)。
IMG_0691_2020022205464786c.jpg
お内裏様。
IMG_0692_20200222054725377.jpg
お雛様。
IMG_0694_2020022205475655c.jpg
琵琶、琴、貝合わせ。
IMG_0695_20200222054824607.jpg
娘が幼稚園で手作りした雛人形。おそらく80%以上は先生の手が入っている。
IMG_0696_20200222054930da2.jpg
娘が小学校低学年の時に作った雛人形。胴体は写真フィルムの容器です。
IMG_0697_2020022205504026a.jpg
娘が幼いころの作品などは全て保管してあるが、長男、次男の男物の異物は全て捨てている。ハハハハ。娘は可愛い。それ以上に孫は可愛い。

昨日娘からそろそろ米がなくなるとラインが入った。即アマゾンさんから10キロの米を送った。娘は米は実家で手配できると思っているらしい。でも、我が家は米農家ではない。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

くぅさん、おはようございます。娘は資産家の家にラッキーにも嫁ぎました。子供は5人産む。そんなことが今時平気で言える環境の中にいます。かといってそれにあまえている訳でもありません。店の仕事を手伝い、幼い子供を保育園に預けて自分が稼いだお給料は全て保育園に。まあ、私の背中をずっと見ていないようで見ていたらしい。恐らく、あの子は私以上の素晴らしい家庭を築くことが出来る根性は私からは受け継いでいるのは間違いないと思ってます。

No title

AzTakさん、おはようございます。男→男→女と順に生まれた娘。娘が欲しくて欲しくてしょうがなかった私。そして神様が私の念願をかなえてくれました。中学に入ると私は娘にとってはただの小うるさい親父。そしてその時期か今の今まで娘からは敬遠されている私。娘のやりたいことは全て認め援助してきた私。お母さんに頼みづらいことだけ、今でもそれだけは私に振ってくるとっても現金な娘なんです。裕福な家庭に嫁いだ娘。何の不自由もないのに「米がなくなりそう」と私だけにラインを送る娘。まあ、少しは気を使っているんでしょう。

No title

豪華なおひな様だね。

娘さんシアワセ。(^ー^)

No title

お嬢さん、お孫さんがかわいくてならないようですね。甘い爺さんぶりもほほえましいものです。