椰子の木の切断

6から7mはある椰子の木。手が届くうちは枯れた葉の剪定等はいかにも簡単にできる。それがこの高さになると始末に負えなくなる。

何十回も言っていることだが、庭にやたらに大きくなる木を植えてしまうと将来的に必ず泣きを見ることになる。

場所は町内会長の裏庭。もう手入れができないと私に緊急連絡が入った。連休後半は天気が悪くなるという予報。昨日仕事が終わった後で様子見で葉と花だけを切断して、幹は今週後半の天気の様子を見てから切断しようかと思っていた。

がー、怪我した人差し指は中指でチェーンソーのトリガーをひけば痛みは感じないことが分かったので、一気にやっつけた。

幹を1メーターチョット残したのは会長のお願いを聞いただけ。ここにベンジャミンを巻き付けて鑑賞したいらしい。


歩いて2分程度だが、マシンを一度に手持ちはできないのでチャリに積んで押し歩き。用意したのは、チェーンソー、高切りチェーンソー、剪定ばさみ、土嚢袋、手袋だけ。
DSC_0046.jpg
実物を撮るのを忘れた。葉と花を高きりチェーンソーで切断。梯子がかかる上はチェーンソーで3回程度に分けて切断。梯子がかかるところまで切断したら梯子をよけて、会長が希望する高さで切断。慎重に会長の家の庭に倒れるように神経を使う。

切断した幹は1メートル以上だったので生活ごみとして出せるように30センチ程度に3分割に切断。これでおしまい。片付けは会長一人でやるということで。昼ごはんを奢るということだったので、二日連続でお好み焼き屋へ、一旦家に戻りシャワーを浴びて昼からビールを飲む。いい、一日であった。
DSC_0047.jpg
まあ、私は町内のなんでも屋。結構重宝されている。
DSC_0049.jpg
まあ、町内、友達、先輩の中では、大体荒っぽい仕事は私がする流れになってしまっている。そういった仕事をしてきたからこれは当然の流れだと思っている。ハハハハ。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

AzTakさん、おはようございます。思った以上にスムーズに作業が出来ました。何年間もうっとうしいと思っていた椰子の木らしく切断終了後は会長も、奥様もとっても喜んでおりました。人の笑顔がダイレクトに貰える作業っていいですね。

No title

切断作業が無事終了したようですね。今度は慎重にやったのか、何事もなく終了でしたね。日頃の実力からすれば、当然かも。