決まり

石に書く文字。置き場所は玄関ドア横。「ようこそ」はすでにある。ヤンキー言葉の「阿離我拓」(ありがとう)をペイントしやすく「阿李我斗」にしようと思ったが、やめた。

60過ぎた爺の家の玄関に置くには友達には受けると思うが、宅配、出前、現金書留などの郵便配達員さんに対して失礼この上ない漢字。

そこで、ドイツ語、フランス語、イタリヤ語などのありがとうを調べましたが、字数が多すぎ。石に書く文字は4文字以内と考えている。

色々悩んで、あまり好意を寄せていない大国の言葉を使用することに決めました。それは「謝謝」。最上級は「謝謝您」だけど
なるべく字体は大きくした方が作りやすい。そんな訳でやっちゃいました。
2IMG_8654.jpg

2IMG_8657.jpg

2IMG_8659.jpg
研磨するのとしないのと全く違うのがお分かりですね。
2IMG_8660.jpg
やってて気が付いたことなんですが、凹凸があまり削れていない。粒度を粗くする。
2IMG_8665.jpg
これはかなり強烈に研磨できる。
2IMG_8666.jpg
凹凸激減。ツルツル。こんなもんでいいか。
2IMG_8672.jpg
塗ります。
2IMG_8678.jpg
塗料が飛び散らないようにシャットする。
2IMG_8679.jpg
家の中にIN。塗装のベースは終わり。
2IMG_8738.jpg
フォントは悩んだが、結局なんでもOK!
2IMG_8753.jpg
以外と手間がかかるんですよ。
2IMG_8754.jpg
あれ?切り抜きに失敗?くしゃくしゃにしてゴミ箱に捨ててしまったが、冷静に考えてみたら、修正する方法があった。でも、嫌気がさした。神経を集中する仕事なので、もうイライラしている今日はこの仕事は諦めました。これ、正解ですよね。
2IMG_8756.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント