今頃

去年の台風で実家の屋根がすっ飛んだことから修繕まではこと細かく記事にさせていただいた。覚えているお方もいるでしょう。

工事費を少しでも抑えるために色々知恵を絞った。産廃処理する費用が莫大な金額だったので、その分は全て私が個人的にやるということで数十万が浮いた。

木材の処理は大量にあったが全て50センチ以下にして生活ごみでひと月以内で済ませた。

後はトタンや棟板金などの金属。そして寒い冬に突入してしまった。考えた。春になって暖かくなるまで処理は一時中断。

生活ごみで出せるサイズは30センチ以下。トタンが30枚程度ある。実家は山のの天辺。車など入らない。全て人力でおろして山を下らなければいけない。

トラックがないので、ボロワゴンRに積載して今の家で作業をすることにした。ルーフバーをつけていないので車中に積載しなければならない。

とりあえず、実家の隣に私が最初に建てて今は次男夫婦に家賃1万で援助している家の庭にトタンを移動してサンダーで真っ二つにぶった切った。

サンダーは2台用意したが1台が不調で次男が切断。私が縛ったり移動させたりと役割分担。そして余った時間で生垣の剪定を行った。

全てのトタンを午前中に切断する予定だったがサンダーの不調で切断したのは半分。

数十万かかる仕事を私も次男もこういった作業に関してはセミプロを自負しているが、考えが甘かった。

持ち帰ったトタンは、さらに30センチ以下という生活ごみの金属の基準を満たすためには相当な労力が必要になることが分かった。

そんなわけで、半分にぶったぎったトタンは、個人的にお付き合いのある産廃業者に出すことにした。

たとえ、3万、5万、10万かかったとしても産廃業者に持ち込み処理してもらうことにした。

もう、私は若くはなかった。土方を卒業して5年もたち、還暦を過ぎると体にガタが来るのを実感した昨日であった。


必要であると思われる機材は全て積み込んだ。
IMG_9061.jpg
私が建てた最初の家。土地は親父お袋の名義。だから私はラッキーにもうつわだけ建てればよかった。それでも数千万はいく。現金で支払った。そのころ私はホワイトカラー。若手だったが、バリバリ儲けていた。
IMG_9063.jpg
一段上の2階部分にあたる場所からとりあえず全てを下す。真ん中に細い畑に繋がる階段が見えるでしょ?
IMG_9066.jpg
庭に移動。
IMG_9077.jpg
次男に切断はお任せ。
IMG_9069.jpg
これで何とかボロワゴンRに積める?
IMG_9082.jpg
私は梱包。
IMG_9084.jpg
無理。時間はすでに13時。半分残して終わり。今月中に半分にぶった切る。
IMG_9068.jpg
片付け開始。
IMG_9101.jpg
次回必要なものは置いていく。私は大家だからカギは持っている。
IMG_9102.jpg
屋根に覆いかぶさった、木の枝を払わないといけないので、高切りチェーンソーと高切りバサミも置いておく。
たまんなく忙しい。
IMG_9103.jpg
追い打ちをかけるように箱花を一緒にクラウドファンティングで売りまくった友達からメールが入り。そろそろツツジの剪定と庭の雑草刈りをしてくれ。と、連絡が入った。

今日の横浜は一日雨。障子張りをしようかと思っていたが、やーめた!体がもたない。明日から仕事だしー。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

AzTakさん、おはようございます。円海山ですね。我が家から全てここまで徒歩で行けるハイキングコースがあります。コロナが落ち着いたら行ってみようと思います。

No title

いろいろやることがあって宜しいですね。円海山ではキビタキやオオルリなどが見られるようです。山のどこにいるかは、撮影者が明かさないようですが、…。