カリンバ

簡単に私なりに表現してさせていただければ「指先ピアノ」です。何度も言うようですが、左手小指を粉砕骨折した私はギターもピアノも諦めました。

最近ウクレレは何とか弾けるということがわかり、私の意識の底にある音楽を自ら奏でるということに目覚めてしまいました。左手小指などなくても、楽器は弾ける。

そんなことに30年前に諦めた楽器を奏でるには9本の指があれば大丈夫。なんてことを「今」わかった私です。

僕は、音楽はリッスンするものだけでは満足できない人。音を出す人でなければ僕は満足はできない人だということに今更ながら気が付いた「馬鹿野郎」でした。

もっとそれに早くそんなことに気が付いていれば、私は「横浜銀蝿さん」とタメセンを張っていたかもしれません。(嘘)。
IMG_1960.jpg
あれ?2つ入っている?
IMG_1961.jpg
カリンバはこれだろう?
IMG_1962.jpg
これか?
IMG_1963.jpg


IMG_1964.jpg
カリンバだよ

IMG_1965.jpg
誰でも引けるよ。
IMG_1966.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント