結束線

いずれも100均の品物だけど、片用はカット済で100本100円。リール巻きのほうは幅が狭いが目的は同じで同じ価格。

同じ長さにカットとしていったらカット済のものより数倍の同じ長さの結束線ができるんですよ。手間がかかってないから当たり前のことなんですがね。


IMG_5934.jpg

IMG_5935.jpg
多分3倍は超えると思う。
IMG_5936.jpg
「一銭を笑う者は一銭に泣く」。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

toshiさん、おはようございます。toshi さんとはなんか相通じあうものがあるみたいですね。今までにお会いするチャンスがあったら、一生涯の友達になっていたかもしれません。どんなことに関しても、自分の考え方を持つ。これはとても大切なこと。今話題になっているレジ袋。何も買った物を入れるものにこだわる必要はないと私は思ってます。コンパクト収納袋は常時ウェストバッグ、リュック等に入れてあります。忘れた時はレジ袋を買えばよい。コロナの件や環境の件でどうしても使いたくないというならば、店脇に用意してある段ボールにつめこんで抱えて家に帰ればいい。でも、そんなにこういったことに固執する必要はある?問題は後の処理をどうするかだけなんじゃないのかな?ポイ捨てをせずにそれなりに有効利用すればいい話なんだと思ってます。いずれれにしても、燃やせばCO2が増えるし、ポイ捨てすれば魚が食べ物と勘違いして食べて命を落とす。コンビニで買った物を入れてくれる人からコロナに感染する(考えすぎ)。人間っていう動物はろくなもんを発明しない動物なんだなー。そして個々によって、さまざまなことを考える人間なんだなー、なんてことを考えてしまっている今日この頃です。

No title

私も納得
この日記を見て「100円程度の物に手間暇かけて…」なんて思う人もいるかもしれない
でも100円の価値の物でもちゃんと手間をかけて無駄もなく使いやすいようするってことはとても大事なことなんだなアと感心
昔の日本人ってみんなそうだっんじゃないかな?と深く考えます