火皿

七輪の火皿が割れてしまって応急処置をしていたが、一回だけしか使えなくBBQをやるたびに補修してました。

次回からはお好み焼き屋さんの厚さ2センチもある買えば4万円もする鉄板をゲットしたのでBBQはダブル七輪にする。そして今ある七輪は網焼き用で使います。

そんな訳で、いちいち一回ごとに火皿を補修するなんて時間が勿体ないので、落としたって割れない鋼鉄の火皿に変えました。

これで防災に関しても更にパワーアップしたことになりました。本日あたりに2つの七輪がアマゾンさんから届けられるはず。


みっともない。そろそろ印刷し直します。文章も「下のかご」ではなく、本当は「左下のかご」なんですよ。
IMG_0080.jpg

IMG_0078.jpg
これが「火皿」。名前は知ってましたか?
IMG_0087.jpg
銅線だろうが鉄線だろうが焼ききれます。黒炭の初期燃焼時 900〜1200度、 安定燃焼時 700〜900度とのことです。
IMG_0095.jpg
珪藻土でできてますから。乾燥剤を入れて厳重保管しているんですよ。
IMG_0097.jpg
せっかく補修した火皿ですから、あともう一回使用した後処分する予定です。
関連記事

コメント

非公開コメント