偽造

貸与されたネームプレートは特殊なネームプレートなので紛失すると再作成費でかなりな金額をとられるという噂がある。

半年前に紛失し、100均で3つという二回り小さなネームプレートを買って偽造した。

半年間つけ続け続けていたけれど、誰も偽造ネームプレートだと気が付く人はいなかった。

今日バックヤードでリーフの整理をしていたら何かピカリと光る物が落ちていた。

手に取ってみたら、正規のネームプレートだった。

その後、誰も見ていないことを確認してネームプレートに挟まれていた紙を引き抜いてくしゃくしゃに丸めてゴミ箱をかき分けて丁度ゴミの中間あたりに来るようにしてその引き抜いた紙を捨てた。

これから私の名前の「senri32」という苗字をパソコンのワードで作成して、インジェクトプリンターで印刷してさらに精巧なネームプレートを偽造する。

以上、全て「フィクション」です。
321IMG_5956.jpg
手先が器用な人間はその才能をフルに「悪事」に発揮してはいけません。私さえ、その道を選ばなかったので今の幸せいっぱいの私がいるということは分かっている。

もう一度繰り返します。このお話は「フィクション」です。フフフ。
関連記事

コメント

非公開コメント