蹲踞と水琴窟

一体なんだろう?

つくばい(蹲踞、蹲)とは日本庭園の添景物の一つで露地(茶庭)に設置される。

茶室に入る前に、手を清めるために置かれた背の低い手水鉢に役石をおいて趣を加えたもの。手水で手を洗うとき「つくばう(しゃがむ)」ことからその名がある。

もともと茶道の習わしで、客人が這いつくばるように身を低くして、手を清めたのが始まりである。茶事を行うための茶室という特別な空間に向かうための結界としても作用する。ということなんですって。ウィキベディアより


IMG_7848.jpg

IMG_7852.jpg

IMG_7864.jpg

IMG_7849.jpg

IMG_7850.jpg

で、何で、蹲踞と水琴窟が横浜公園にあるの?
関連記事

コメント

非公開コメント