上行寺東遺跡

数十年も前から、近くにそれ相当な遺跡があるということは耳にしていましたが、どうしても、行かなければという気持ちは全く沸いて来ませんでした。

ブログをはじめ、身近にこれだけ沢山のものがあるんだ。ということを感じ。町内にあるものぐらいは、きちんと説明できなければ、恥ずかしいような思いにかられ、とうとう、行ってきました。

世界遺産の写真を全て集めるくらいの私ですから、この程度のことは、やって、当たり前のことだと、思いつつ、鎌倉・室町時代のことを想像しながら、遺跡を眺めていた、私です。

発見は、マンション建設に当たる事前の地盤調査。未来に残さなければならない貴重な遺跡は、取り壊しの運命に。横浜市も意地を見せたらしく、一部だけでも、移転し残す方法を考えて、今の状態になっている事が、説明文からわかります。

かなり、特殊な方法をとってまで、一部を残す市に、エールを送りたいと思います。


なんか、いかにも、やる気なしの看板ですね。
DSCF3238.jpg

DSCF3239.jpg

この階段を天辺まで登ると遺跡があります。
DSCF3240.jpg

天辺は平地になっていて、右側に社が建っていました。ここから、町内が一望できます。
DSCF3241.jpg

まずは説明文から。
DSCF3242.jpg

DSCF3243.jpg

DSCF3244.jpg

DSCF3246.jpg

恐らく、町内の半分以下の方はここを知らないのでは、という感じです。
DSCF3247.jpg

DSCF3248.jpg
やぐら群の写真もありますので、それは、明日公開いたします。
関連記事

コメント

非公開コメント